INTERVIEW

  • Rina Suzuki

    鈴木 里奈

    協調性を持ってお互いの意見を尊重しながら

  • 病院 / 調理師

  • 2015年入社 新卒

調理師として、幅広い職場環境で様々な経験を詰める

もともと料理が好きで、専門的に学びたいと思うようになり調理科のある高校へ進学しました。
入学して勉強していくと、ますます興味を持つようになりました。卒業と同時に調理師免許も取れたため、本格的に志すことを決めました。

日本栄養給食協会を知ったきっかけは高校にあります。学食を弊社が作っていて、高校の授業での実習先にもなっていました。
実習として現場で調理をさせていただき、職場環境や働く人、会社のことを知ることができました。栃木県内で給食受託会社としてナンバーワンの実績があり、病院から幼稚園まで幅広く活躍の場があることを知り、ここで働きたいと考えるようになりました。

先輩や同僚、お客様の声を大切に

入社3年目になりますが、今まで人間関係で悩んだことは一切なく、とても良い先輩方、同僚ばかりで恵まれていると感じています。
仕事でミスをしたときに、原因などを的確に指摘していただけるので、ミスをしてもそれがしっかり学びとなって後に繋がります。信頼できる先輩ばかりです。

給食を作っていると、飲食店などと比べてお客様と対面することがあまりありません。
稀に配膳に行くことがあるのですが、そのときお客様と会う機会があると「美味しかった」や「ありがとう」と声をかけてくださることがあります。言われる度に嬉しく思い、美味しい給食を作ろうと更に仕事に気持ちが入ります。

1/1精神を心に、食と真摯に向き合う

私がいま働いている病院では、季節によって旬の野菜を使うこともあるため、食べる方も楽しく、調理師としてはあまり家では触れられない野菜の知識を深めることができます。

一つひとつの給食を丁寧に、美味しく作ることと同時に、会社規定による衛生、施設によって定められた衛生をしっかり守って業務を行うことを大事にしています。
入社当初に代表から「1/1精神」という言葉を聞いてから、その言葉を体現できていると思います。

INTERVIEW