INTERVIEW

  • Naoki Ishizaki

    石﨑 直貴

    「多くのお客様の生命や健康を預かっている」ことを意識して

  • 介護老人福祉施設 / 調理師

  • 2005年入社 新卒

治療食でも、美味しい食事を作りたい思いを胸に

小さい頃に母の手伝いで料理を作り始めました。母が「美味しい」と自分が作った料理を食べてくれるのが嬉しかったのを覚えています。
そんな母が入院をしたときに、入院生活での楽しみの一つは食事だけど、あまり美味しくないと話していて、「自分が美味しいものを作りたい」と思うようになり、外食ではなく給食会社を選びました。

入社してから病院勤務で、刻んだ食事やペースト状の食事など、様々な治療食の調理業務を行ってきました。
現在は老人福祉施設に勤務し、高齢者に合わせた食事を作っています。
食事の提供に関わる全てに携わり、治療食といえども、美味しい食事を作れるよう日々努力しています。

チームワークで大きな仕事を成し遂げる

新しく受託した病院に調理師として配属されたことがありました。お互い初めて会うスタッフ同士、新しい環境で慣れない厨房の中、治療食をミスのないように、配膳が送れないように食事を提供することはとても苦労しました。

仕事中にお互い声を掛け合い、徐々にチームワークを深めていき、手間のかかる大変な仕事の日でも円滑に作業をして、無事美味しい食事が出来上がったときは大きな達成感がありました。
コミュニケーションをとって報告・連絡・相談がしやすい環境をつくれたことが自身の成長に繋がりましたし、自信にもなりました。

自分が作った食事を安心して、楽しみにしてもらえるために

安全・安心を念頭に置き、「多くのお客様の生命や健康を預かっている」ことを強く意識しています。
お客様に食事を毎回安心して美味しく召し上がって頂けるよう、食事を楽しみになってもらえるように1/1精神で食事を作っています。

そして、お客様や一緒に働くスタッフに「ありがとう」「あなたなら任せて安心」と思われる調理師を目指しています。
日々の言動や仕事に責任を持ち、お客様やスタッフに不快な思いをさせないよう、相手の気持ちを常に考えながら働いています。

INTERVIEW